>>>HOME >>>HTML基礎知識
ようこそ「HP-Knowledge」へ。このホームページは、「ホームページ作成・制作」におけるHTMLとCSS(スタイルシート)の基礎知識を紹介するホームページ作成初心者向けのページです。ホームページを作るために知っておくべきHTMLとCSS(スタイルシート)の基礎知識を身につけてホームページ作成に強くなろう!

HTML基礎知識

HTMLを正しく使うためにも、HTMLについて正しい知識を持ちましょう。当ホームページではHTMLにタグを追加してホームページを作るのではなく、外部スタイルシートを使ってホームページをデザインする手法を薦めていますが、スタイルシートを上手く使うためには、前提としてHTMLを正しく使えなくてはいけません。スタイルシートを上手に活用するためにも、HTMLを正しく使えるようになるよう勉強しましょう。

そもそもHTMLってナニ?

HTMLとは、便宜上「タグを用いてマークアップをして、文章の構造を論理的に表現する言語」と表現されます。 しかしこんな固い表現で説明されてもホームページ作成に手をつけたばかりの方にはあまり理解できませんよね。 簡単に言うとHTMLとは書きたい文章に対して、「ここには見出しの表現を」、「ここはリストのような書き方で」 「ここにはリンクをつける」といったように定義(意味)づけをするもので、「この文字には青色で」「ここはゴシック体で」 という感じの装飾をするためのものではないということ。デコレーション用のタグも使用することはできますが、このタグはいずれ廃止されることになっています。
「p」タグや「a」タグは「文章に意味を持たせる」タグだから使っても構いませんが、 「i」タグや「font」タグだと「文字の見た目」を設定するタグになるので、ホームページにおける「見た目(デザイン)」に関する部分には なるべくスタイルシートで指定するのが望ましいです。ページソースを見たときにHTMLに「font」などのデザインタグが多用されているページは HTMLを正しくつかっているとは言えません。これらデザインに関するタグだけでなく、「tr」「tb」などの「テーブルタグ」が多く使われたページも、同じくHTMLの正しい使い方がされていないと言えます。テーブルタグは「表」を意味しているので、基本的にはレイアウト・デザインとして使ってはいけないタグといわれているので、見た目だけでなくソースも綺麗に組みたいという方は覚えておきましょう。こういうふうに書くとテーブルタグの使用がまるで悪い行いと思う方もいらっしゃるかもしれませんので補足しておきますと、テーブルタグの使用はホームページ作成においては特に扱いの難しい微妙な問題となっているから使用を控えたほうがいいというだけで、テーブルタグでレイアウトを組むことが悪いことではありません。

当ホームページの理想型

当ホームページでは、あくまでスタイルシートを活用したホームページ作りがテーマとなっているので、どちらかというとCSSの説明の方に力を注いでいます。つまり当ホームページでのHTML説明は不十分なんです。ですが、正しくHTMLを使えるようになるとページソースが簡素化されて非常に見やすくなり、更新や訂正にかかる手間がほとんどなくなります。これがテーブルタグやフォントタグが乱用されたページだとソースを追いかけるのに手間がかかるので、極力使用は控えるように推奨する次第です。ソースを簡素化するメリットとして、ページ内部の文字数が極端に減るので1ページごとのサイズが軽くなり、その分画面表示にかかる時間を短縮できるので閲覧者にページ読み込み時のストレスを与えません。HTMLを正しく使うことは、見た目の影響がないように見えても、見えない部分でじわじわと効いてきます。CSSを上手に利用するステップアップとしてHTMLの上達をはかりましょう。
Copyright(C)2008 HP-Knowledge. All Rights Reserved.